ビジネス

緊急事態宣言「延長」で百貨店も休業継続

 政府は4日、新型コロナの感染拡大を受けた「緊急事態宣言」の対象地域を全国としたまま、今月31日まで期限を延長することを決めた。百貨店各社はこれを受け、「当面の間」としてきた全店規模の休業を引き続き継続する方針。

 百貨店主要5社(三越伊勢丹、高島屋、大丸松坂屋百貨店、そごう・西武、阪急阪神百貨店)は、宣言の発効(4月6日)、対象地域の全国拡大(16日)に伴い、5月5日時点でいずれもほぼ全店を休業している(一部店舗の食品フロアを除く)。5社の4月度の売上高は、軒並み7~9割減と厳しい結果だった。

 重点的な感染防止の取り組みが必要な「特定警戒都道府県」以外の34の県に対しては、政府は「感染防止対策を徹底した上での、休業要請の解除・緩和」の検討を求めている。だが百貨店各社は感染防止の観点から、当該地域の営業再開に関しても慎重な姿勢を示す。「(今後の営業再開は)それぞれの地域特性に応じて判断し、各店で検討している段階」(三越伊勢丹広報)。「現状の(食品フロアのみの)営業体制を維持する方針」(そごう・西武広報)。

 なお、大丸松坂屋百貨店は5月7日から、これまで全館休業としていた8店舗の食料品売り場の営業を再開する。対象となるのは、大丸心斎橋店、梅田店、東京店、神戸店、芦屋店、松坂屋上野店、博多大丸、高知大丸。再開理由は「お客さまの利便性の観点から」(同社広報)としている。

 5社以外では、松屋も5日に銀座本店、浅草店の全館休業継続を発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。