ファッション

「ルイ・ヴィトン」から卓球セットや縄跳び、ダンベルまで おうち時間を楽しむグッズを提案

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、室内で過ごす時間が増える中自宅で楽しめるホームグッズを提案した。店舗と公式オンラインストアで展開するアイテムをゲーム、スポーツ、デコレーション、リラクセーション、ホビーの5つのカテゴリーに分けて紹介している。

 ゲームカテゴリーでは、「ルイ・ヴィトン」のマスコット“ヴィヴィエンヌ”やモノグラムのレザーケースに入ったトランプカード(5万3000円〜)をはじめ、ブロックゲームができる“モノグラム・タワー”やサイコロなど家庭で遊べるグッズをラインアップ。スポーツカテゴリーでは重さ3kgのダンベル、ロゴがプリントされた公認球付きの卓球セット、縄跳びなどをそろえ、トレーニングルームをスタイリッシュに彩る。

 デコレーションカテゴリーでは、“ヴィヴィエンヌ”の写真ホルダーやオルゴールなど、ギフトアイテムとしても最適なアイテムを用意。コップやプレートなどの食器はメゾンのテキスタイルコレクションから着想を得た模様だ。3つのミニチュアサイズのキャンドルセットは海辺の楽園や山小屋をイメージした香りで、自宅で旅行気分を味わえる。

 そのほかリラクセーションカテゴリーではモノグラムのルームシューズやアイマスクを、ホビーカテゴリーではヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の音楽への情熱から着想を得たレコードケース“ヴィニル ホルダー”(11万5000円)などをそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら