ビジネス

「カルバン・クライン」「トミー ヒルフィガー」親会社が約1億円の寄付 新型コロナの救援活動へ

 「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」や「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」などを擁するPVHコープ(PVH CORP)は、PVH財団を通じて100万ドル(約1億800万円)を寄付することを発表した。新型コロナウイルスによる被害の救済を目的とし、国連財団とスイス慈善基金が設立した新型コロナウイルス連帯対応資金へ10万ドル(約1080万円)、そのほか世界保健機関(WHO)などへの寄付が含まれる。

 同社のエマニュエル・キリコ(Emanuel Chirico)会長兼最高経営責任者(CEO)は、「このような危機にはロードマップはない。だがPVHは世界各国のコミュニティーにとって確かな意義があると信じており、強いつながりを持っている」と述べた。これまでに医療従事者へのサポートとして、隔離ガウン、マスク、フェイスシールドなどの個人用保護具(PPE)200万個をニューヨークのモンテフィオーレヘルスシステムに発送している。

 また同社は100万ドルの寄付に加えて、中国赤十字協会に200万元(約3000万円)を、ア・コモン・スレッド(A Common Thread)に5万ドル(約550万円)を寄付した。ア・コモン・スレッドは、アメリカファッションデザイナー協議会ヴォーグファッション基金(Council of Fashion Designers of America/Vogue Fashion Fund)が設立した基金で、アメリカ国内で新型コロナウイルスの影響を受けたファッションコミュニティーの人々を支援している。

 「カルバン・クライン」と「トミー ヒルフィガー」はアメリカとオランダの現場で働く医療従事者へ向けて製品を寄付したほか、「カルバン・クライン」はアワーライツ アクション インターナショナルの新型コロナウイルスグローバル LGBTIQ緊急基金の設立パートナーとしても活動している。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら