ファッション

水道管清掃会社発のブランドがユナイテッドアローズ重松名誉会長と描く未来予想図

 “スーツに見える作業着”ブランド「ワークウェアスーツ(WORK WEAR SUIT)」を企画・販売するオアシススタイルウェアは、独自開発した新素材“アルティメックス”を使用した女性向けの“スウィングシリーズ”を4月8日午前10時から自社ECで販売する。価格はジャケットが1万8000円、パンツが1万2000円など。同社の売上高は3億円(2019年2月期)で前年比3倍を達成した。オアシススタイルウェアを傘下に収めるオアシスライフスタイルグループの関谷有三社長は、「“スウィングシリーズ”は洗濯機で洗えて3時間で乾き、形態安定でしわになりにもなりにくい。また軽量で、ストレッチ性を持たせて動きやすさを追求している」と話す。

 オアシスライフスタイルグループは06年に水道管の清掃事業からスタートした。18年に、清掃に関わるスタッフのスーツ型作業着として「ワークウェアスーツ」を始めた。販路は自社ECが4割、セレクトショップや百貨店への卸が2割、法人への販売が4割を占める。法人とはタクシー会社や不動産業、ホテル業などで、現場で働く人のユニホームとして着用されている。

 19年9月には、「さらなる飛躍のため」にユナイテッドアローズ名誉会長を務める重松理氏個人と顧問契約した。関谷社長は、「ものづくりを強化したい。重松氏はそれらの生産背景を熟知している。また国内外に人脈を持ち、21年に本格化させたい海外進出のサポートを期待している」と言う。重松氏がアパレル企業の顧問を務めるのは初めてで、現在はオリジナル生地のブランディングなどに携わっている。“アルティメックス”のネーミングも重松氏によるものだ。「重松氏は、“世界中の働く人のスタンダード服を作りたい”という『ワークウェアスーツ』のコンセプトや、服作りのノウハウを持たない当社が生地開発から取り組んだ点を面白がってくれた」(関谷社長)という。

 「ワークウェアスーツ」は21年3月までに東京と大阪に実店舗をオープンする予定で、「3年以内に20~30店舗の出店を目指す」という。また24年までに、オアシススタイルウェアの売り上げ100億円達成を目標に掲げる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら