ファッション

スーツ型作業着をマンション管理員用の制服に採用 三菱地所が導入

 オアシススタイルウェア(東京、中村有沙・社長)が作るスーツ型作業着“ワークウェアスーツ(WORK WEAR SUIT)”が、三菱地所コミュニティが管理するマンションなどの管理員用制服に採用された。5月22日から都内を皮切りに全国に導入を広げていく。“ワークウェアスーツ”はすでに都内のごみ収集業を手掛けるエール(YELL)が正式導入しているが、マンション管理業界では初めてとなる。

 “ワークウェアスーツ”は“スーツを作業着にする”というコンセプトのもとにストレッチ性、防水性、はっ水性など作業着としての機能とフォーマル感を両立させたスーツ型作業着で、見た目はビジネススーツと変わらない。さらにウエストゴムやファスナー付きポケットなど、利便性も備える。

 マンション管理員がこれまで着用していたのは清掃・設備業界に多いつなぎやポロシャツなどだった。“ワークウェアスーツ”の採用によってファッション性や清潔感も表に出して、管理員の業務意識の変革、作業の効率化を目指すだけでなく、人材確保や業務満足度の向上も目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら