ファッション

「プラダ」がメリノウールの高機能ウエアでアメリカズカップに挑む ウールマークと共同開発

 「プラダ(PRADA)」は、ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)と共同開発した公式チームジャケットを着用し、2021年1月から3月までニュージーランドのオークランドで開催されるヨットレース「第36回アメリカズカップ」に参戦する。

 ザ・ウールマーク・カンパニーは、アメリカズカップの厳しいレース環境に理想的な高性能のメリノウール生地を開発すべく、昨年からオフィシャル・テクニカル・パートナーとしてセーリングチームのルナ・ロッサ プラダ ピレリ(LUNA ROSSA PRADA PIRELLI)の製品開発チームをサポートしている。

 今回共同開発した公式チームジャケットは3層構造で、高機能の防水メンブレンと54%のメリノウールを張り合わせたもので優れた耐水性と吸放湿性を備えている。

 この公式チームジャケットは「プラダ」の世界11店舗とオンラインで発売され、日本は東京の青山店で販売中だ。価格は28万8000円。

 スチュアート・マカラック(Stuart Mccullough)=ザ・ウールマーク・カンパニー マネジング・ディレクターは「世界中の『プラダ』の主要店でこのジャケットが販売されることで、セーリングのファンもウールのファンも、世界のトップチームによるテストを受けた高機能の衣服を手にするチャンスがある。ザ・ウールマーク・カンパニーとルナ・ロッサ プラダ ピレリは、イノベーション、技術、ファッションに関する価値を共有している」とコメントした。
パトリツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)=プラダ共同最高経営責任者とアルゼンチンのヨットデザイナー、ジャーマン・フレール(German Frers)との出会いから誕生したルナ・ロッサチームは2000年にアメリカズカップの挑戦者選抜シリーズである「ルイ・ヴィトンカップ」のデビュー戦で優勝し、49戦38勝の記録を残した。03年、07年、13年の「アメリカズカップ」に参加し、07年と13年には決勝に進出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。