ニュース

カール・ラガーフェルド考案のニットをDIY  ザ・ウールマーク・カンパニーがコラボ企画

 ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)は、昨年亡くなったカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が生前考案したニットアイテムを手編みで制作できる限定キット「ニット カール(KNIT KARL)」を発表、777個を抽選でプレゼントする。

 「ニット カール」のボックスの中には、ユニセックスのプルオーバー、ニット帽、ヘッドバンド、スカーフの4つのニットアイテムのうちの1点と、編針、毛糸、オリジナルピン、そして作品の編み方の説明書が入っている。毛糸は再生可能で、土に還るオーストラリア産ピュアメリノウール製だ。限定個数の777は、カール・ラガーフェルドのお気に入りの数字にちなんだ。

 希望者は、特設サイト(www.knitkarl.com)にユニーク・コード「KLWEPAA3」を入力して抽選に応募する。応募期間は3月7日までで、その後、当選者には個別にメールで通知される。

 この企画は、カール・ラガーフェルドが21歳だった1954年に「インターナショナル・ウールマーク・プライズ」のコート部門で優勝し、デザイナーとしてのキャリアを本格的にスタートさせたことが縁となり、2018年にザ・ウールマーク・カンパニーとのコラボレーション・プロジェクトが始まった。

 ザ・ウールマーク・カンパニーは、非営利法人オーストラリアン・ウール・イノベーションの子会社で、出資する約6 万の牧羊業者を代表して、オーストラリア産ウールの世界規模のサプライチェーンに資する研究開発やマーケティングを行っている。

最新号紹介