ファッション

ラフ・シモンズと協業で「プラダ」は生まれ変わるのか?

有料会員限定記事

 「プラダ」にラフ・シモンズが参加する。4月2日から働き始め、デザイナーのミウッチャ・プラダ(70)と協業。9月に発表する2021年春夏ウィメンズ・コレクションが共同で手掛ける初のコレクションになる。ラフとの契約期間についてプラダは「理論上では永遠」としている。(この記事はWWDジャパン2020年3月2日号からの抜粋です)

 「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」などを擁するLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンや「グッチ」「サンローラン」などを抱えるケリング、エルメスなど、競合するブランドやグループが軒並み売上高を順調に伸ばす中、プラダは2014年1月期にピークを迎えて以降、伸び悩んできた。長年クリエイティブ面をミウッチャが率いてきたが、いよいよ「プラダ」に新しい風が吹く。

 プラダとラフの関係は、プラダが「ジル サンダー」を保有していた05年にさかのぼる。ラフは同年から12年まで同ブランドのクリエイティブ・ディレクターだった。ラフによると、18年末に「カルバン・クライン」を退いてすぐにミウッチャの夫のパトリツィオ・ベルテッリ共同最高経営責任者からコンタクトがあり、1年の時間をかけて関係を構築していったという。

この続きを読むには…
残り1895⽂字, 画像5枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら