ファッション

ラフがプラダグループ入り ミウッチャとタッグを組んでプラダを改造

 プラダ(PRADA)は、ラフ・シモンズ(Raf Simons)を共同クリエイティブ・ディレクターに指名したことを明らかにした。ミラノ・ファッション・ウイーク中の記者会見で明らかにした。ラフが参画して最初のコレクションは、9月に発表する2021年春夏ウィメンズ・コレクションになる。4月2日からメゾンのために働く予定だ。

 ラフは、「対話し、コレクションを情緒豊かなものにするには、クリエイティブ・ディレクターがもう一人必要だと思っていた」とコメントした。ラフとミウッチャの関係は、クリエイティビティの注入や決定において、対等の関係性という。

 ミウッチャの夫で共同最高経営責任者を務めるパトリツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)は近年、成長ペースが鈍化してライバルに水をあけられている状況をゆえ、ラフの参画を機に会社を再起させる。ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)は、「働くのが好きだし、新たな風を手に入れられたことに興奮している。コラボ嫌いと思われていたかもしてないけれど、とうとう、素晴らしいタッグを組むことになった。でも、私を実際の年齢以上に年寄りだと思わないで」と話し、引退などの考えはないことを示唆する。

 ラフは、ミウッチャと協業しても「ラフ・シモンズ」は続ける意向であることを明確にしたうえで、共同クリエイティブ・ディレクターという関係性は、「目まぐるしいファッションビジネスの世界で、あらゆるデザイナーは疑問を抱きながら働いている。協業は大好きだし、今回のタッグは良い結果を産むだろう」として、今の時代に則したものであることを表明した。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら