ファッション

ファッション通信簿Vol.48 スーツの着こなし対決で勝利したのは誰?セレブたちのファッションを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジ!

 第48回は、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)、ウィニー・ハーロウ(Winnie Harlow)、ビリー・ポーター(Billy Porter)、ジョン・ハム(Jon Hamm)、ハンター・シェーファー(Hunter Schafer)、ハー(H.E.R.)、パトリック・シュワルツェネッガー(Patrick Schwarzenegger)、マット・ボマー(Matt Bomer)が登場。スーツを完璧に着こなして褒められたセレブがいる一方で、同じようにスーツを着ても「ストリップクラブに向かうブリキ男」と評されたセレブも――今回はいったい誰にどのような評価が下されたのか?

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら