フォーカス

ファッション通信簿Vol.42 70年代のポルノショー興行主になりきった?セレブのレッドカーペット・スタイルを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジ!

 第42回は、ティモシー・シャラメ(Timothee Chalamet)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)、ヤング・サグ(Young Thug)、ジョン・ボイエガ(John Boyega)、デイジー・リドリー(Daisy Ridley)、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)、ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)が登場。ティモシー・シャラメのピンクのスーツには高評価が与えられた一方で、「銀河系のはるか彼方で結婚を誓う」「全部一緒にすると全てが台無し」など低評価も目立った今回のファッションチェック。判定はいかに?