フォーカス

ファッション通信簿Vol.46 2020年「グラミー賞」のレッドカーペットを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジ!

 第46回は、1月26日(現地時間)に米ロサンゼルスで開催された第62回「グラミー賞(Grammy Awards)」の授賞式から、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)、リゾ(Lizzo)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、ロザリア(Rosalia)、リル・ナズ・X(Lil Nas X)、タイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)、ビリー・ポーター(Billy Porter)、オービル・ペック(Orville Peck)が登場。セレブたちの豪華な衣装が評判となった今年の「グラミー賞」は、いつも辛口ワードを連発する米「WWD」から見ても全体的に高評価だったようだ。