ファッション

帰ってきたアリアナ・グランデから主要4部門制覇のビリー・アイリッシュまで 2020年「グラミー賞」のレッドカーペット・フォト99選

 1月26日(現地時間)に、第62回「グラミー賞(Grammy Awards)」授賞式が米ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催された。

 主要4部門にノミネートされたビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)は、「年間最優秀レコード賞(RECORD OF THE YEAR)」をはじめとする主要4部門の全てを含む5つの賞を受賞した。日ごろからオーバーサイズの服を好んで着ることで知られているアイリッシュは、今回の授賞式でも「グッチ(GUCCI)」のゆったりしたグリーンの衣装で登場。緑色のヘアスタイルとともに素敵なバギースタイルを披露し、快挙の達成を喜んだ。

 昨年の「グラミー賞」を欠席したアリアナ・グランデ(Ariana Grande)も今年はレッドカーペットに帰ってきた。昨年は着用予定の「ザック・ポーゼン(ZAC POSEN)」のカスタムドレスを自身のSNSで披露していたものの授賞式に参加しなかったグランデだが、今年も昨年によく似たシンデレラのような衣装をチョイス。「ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI)」のボールガウンのチュールドレスに、ドレスと同じダブグレーのオペラグロープをはめてトレードマークのポニーテール姿で登場したグランデは、会場の多くの人びとの目を引きつけていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら