ファッション

「プラダ」が日本でのショーを延期 新型コロナウイルスの影響が日本にも

 「プラダ(PRADA)」は、5月21日に日本で開催予定だった2021年プレ・スプリング(リゾート)・コレクションを、新型コロナウイルスの影響のため延期する。

 同社は、「新型コロナウイルスの被害に遭われている方々に、心からお見舞い申し上げる。感染拡大を避けるための予防措置として、またコレクションの準備に従事しているスタッフおよび来場される皆さまに対する責任から今回の延期を決定した。日本は『プラダ』にとって非常に重要な市場なので、より適切な時期に関連イベントを開催したい」と声明を発表した。なお新たな日程および会場については、後日あらためて発表する。

 「プラダ」はミラノのガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世にあるプラダ財団の展示スペース、オッセルヴァトリオ(OSSERVATORIO)でショーを開催した17年から、プレ・コレクションをランウエイショー形式で発表している。19年6月には上海で20年春夏メンズ・コレクションを開催しており、今回初めて日本でコレクションを発表する予定だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら