ニュース

アイウエア「マイキータ」とカメラ「ライカ」がサングラスを共同開発 ドイツのマイスター魂が融合

 ドイツのアイウエアブランド「マイキータ(MYKITA)」と、カメラやスポーツビジョン関連商品で知られる「ライカ(LEICA)」とのコラボレーションによるサングラスが6月に発売される。

 2シリーズで構成され、両社が協力のもと、ミュンヘンにある「ライカ」のデザインスタジオでデザインされ、ベルリンにある「マイキータ」のアトリエで手作業によって作られた。商品はシンプルなデザインで、色はマットなシルバー、ブラック、濃いグレー、赤のアクセントなどが特徴。注目すべき点は、両社が協力して持ち前の高い技術力をサングラスに落とし込んでいることだ。素材には「マイキータ」を象徴するステンレススチールや、「マイキータ」が3D技術で独自に開発した“マイロン(MYLON)”を使用。レンズは「ライカ」の“ライカ アイケア(LEICA EYECARE)”や“アクア デュラ(AQUA DURA)”コーティングなどのスポーツやプロの写真撮影用の技術を用いて同プロジェクトのために開発した。販売される国によってはレンズのカスタマイズも可能だ。

 「マイキータ」の創業者であるモーリッツ・クルーガー(Moritz Krueger)は「『ライカ』とのパートナーシップにより、高いレベルの機能的なデザインと妥協のないクオリティーを備えた本物志向の商品となった。独自の製造プロセスによって作り上げた比類ないデザインとレンズは、パートナーシップの本質を物語っている」と話した。シリアルナンバー付きで、価格は8万3000 ~10万円。

 「マイキータ」は2003年の創業で、ベルリンのほかロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、東京・表参道など世界に15店の直営店を構えるなど100カ国以上で販売している。「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」や「ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」などファッションブランドとのコラボレーションもある。