ファッション

「オメガ」がアイウエアを世界同時発売 伊マルコリンとのパートナーシップ

 スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下のスイスの時計ブランド「オメガ(OMEGA)」は、メンズとウィメンズのアイウエアを2月に発売する。イタリアの大手アイウエアメーカーのマルコリン(MARCOLIN)とのパートナーシップにより製作されたコレクションだ。デザインは「オメガ」の象徴的なウオッチからインスピレーションを受けており、フレームに使用されている素材、りゅうずやベゼルの形状を思わせるディテールが連係している。レイナルド・アッシェリマン(Raynald Aeschlimann)=オメガ社社長兼最高経営責任者(CEO)は「『オメガ』は、これまで卓越性と高いファッション性の代名詞であり続けてきた。これを引き継ぎながら、今回のコレクションにはモダンな創造性とスタイリッシュな要素を取り入れた。デザインはアイコニックな『オメガ』らしい特徴が反映されている」と話した。また、マッシモ・レノン(Massimo Renon)=マルコリンCEOは「『オメガ』が持つ特別感を大切にして、最高級の素材と強いこだわりを持ってイタリアで製作した。マルコリンの洗練されたブランドポートフォリオを強固にするものだ」とコメントしている。同アイウエアコレクションは世界同時発売で、日本は「オメガ」の直営店舗(9店舗)と正規取扱店舗(14店舗)で順次販売される。

 なお、マルコリンはスウォッチ グループ傘下の「ロンジン(LONGINES)」のアイウエアも手掛けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら