ファッション

「オメガ」が9月12日に六本木ヒルズに都内初の直営路面店

 スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下のスイスの時計ブランド「オメガ(OMEGA)」は、9月12日にオメガブティック六本木ヒルズをオープンする。国内10店舗目で、都内初の直営路面店となる。2階建ての同店の総面積は約140平方メートルで、関東最大規模。場所は六本木けやき坂通り沿いの、「トゥミ(TUMI)」六本木ヒルズ店があった場所。

 白い大理石やシャンデリアに、ブランドを象徴する赤をアクセント使いした店内は最新のデザインコンセプトによるもので、2階奥には「オメガ」に関する書籍を集めたライブラリーが設けられ、ソファを置く。また2階ではコマ調整やストラップ、バッテリーの交換などクイックサービスも行う。

 今年は、1969年にアポロ11号の乗組員が“スピードマスター プロフェッショナル”を着用して月面に着陸してから50周年で、2020年にはオフィシャルタイムキーパーを務める東京オリンピック・パラリンピックの開催を控える。21日には日本橋三越本店内にも直営店を開店。同ブランドの広報担当者は「相次ぐ直営店のオープンで、好調さにさらに拍車を掛けたい」と話す。

 スウォッチ グループの18年12月期の売上高は、前期比6.1%増の84億7500万スイスフラン(約8983億円)で、「オメガ」はけん引役を担っている。

■オメガブティック六本木ヒルズ
オープン日:9月12日
時間:11:00〜21:00
定休日:不定休
住所:東京都港区六本木6-10-3

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら