ファッション

「ロレックス」の弟ブランド「チューダー」が、日本初の旗艦店を銀座並木通りにオープン

 日本ロレックスが手掛ける「チューダー(TUDOR)」は9月14日、東京・銀座6丁目の並木通り沿いに日本初の路面旗艦店をオープンする。数多くの旗艦店が並ぶ、時計ブランドのメッカへの出店だ。

 場所は、兄弟ブランド「ロレックス(ROLEX)」の並木通りを挟んで斜め前。売り場面積75平方メートルの店舗は、グレーや赤を基調とする最新コンセプトを踏襲する。

 国内11番目の店舗は日本最大で、店頭には他店では買えない商品も並ぶ予定だ。

 オープン時は、開幕まで1週間に迫るラグビーワールドカップ2019のニュージーランド代表、オールブラックスも来店予定。「チューダー」は、同チームのスポンサーを務めている。

 「チューダー」は昨年秋、日本に正式上陸した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら