ファッション

「ロレックス」の弟ブランド「チューダー」が、日本初の旗艦店を銀座並木通りにオープン

 日本ロレックスが手掛ける「チューダー(TUDOR)」は9月14日、東京・銀座6丁目の並木通り沿いに日本初の路面旗艦店をオープンする。数多くの旗艦店が並ぶ、時計ブランドのメッカへの出店だ。

 場所は、兄弟ブランド「ロレックス(ROLEX)」の並木通りを挟んで斜め前。売り場面積75平方メートルの店舗は、グレーや赤を基調とする最新コンセプトを踏襲する。

 国内11番目の店舗は日本最大で、店頭には他店では買えない商品も並ぶ予定だ。

 オープン時は、開幕まで1週間に迫るラグビーワールドカップ2019のニュージーランド代表、オールブラックスも来店予定。「チューダー」は、同チームのスポンサーを務めている。

 「チューダー」は昨年秋、日本に正式上陸した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら