ファッション

独「マイキータ」がウイルス感染リスクを軽減する防護アイウエア発売 野外イベントやスポーツにも対応

 ドイツ・ベルリン発のアイウエアブランド「マイキータ(MYKITA)」が、新型コロナウイルスの感染リスクを軽減する防護アイウエア“マイロン ガード ワン(MYLON GUARD ONE)”を発売した。

 同商品は医療従事者と協力して開発されたもので、「マイキータ」が開発したハイテク素材“マイロン”を使用して軽く耐久性があり、眼鏡との併用が可能。クリアとグレーのカラーがあるポリカーボネート製レンズシールドは付け替えが可能で、曇りを防止する機能が特徴だ。保護を目的としたアイウエアの欧州規格“EN166”と米国規格“ANSI/ISEA Z87.1”の認定を取得したほか、ドイツの規格の最高基準も満たしているという。医療の基準を満たす機能性に加えてデザイン性にもこだわっており、医療従事者だけでなく接客業や美容健康業界の関係者、また野外イベントやスポーツ時の使用にも対応する。

 ドイツ製で、価格は4万4000円(クリアとグレーのレンズ付き)、付け替え可能なレンズは8000円。日本は東京・表参道の路面店で発売したほか、今後、一部の「マイキータ」取扱店でも販売される。また、11月20日に開業する大阪の心斎橋パルコに出店する。