ファッション

伊アイウエア企業サフィロが新型コロナと闘う医療従事者用のゴーグルやフェースシールドを提供

 「ディオール(DIOR)」や「フェンディ(FENDI)」などのアイウエアを手掛けるイタリアのサフィロ(SAFILO)は、新型コロナウイルスの感染が広がっているイタリア、スペイン、アメリカで不足している医療従事者用のゴーグルやフェースシールドの提供を始めた。

 イタリアでは、サンタマリア・ディ・サーラとベルガモにある同社の工場の一部でゴーグルとフェースシールドの生産をスタートさせた。これらは同社が手掛けるスポーツ性が高い主力ブランド「カレラ(CARRERA)」によるもので、フェースシールドのゴムバンドに「カレラ」のアイコンがデザインされている。まず1万個がベルガモ、セリアーテ、パドバ、ラティーナ、ブレシアなど各地の医療施設に提供される予定だ。

 スペインでは、同社のハウスブランド「ポラロイド(POLAROID)」が、医療施設に防護マスク5000枚を寄付する。このマスクはマドリード、バルセロナ、トレド、バレンシアにある19の病院に届けられる予定だ。

 アメリカでは、同社のハウスブランド「スミス(SMITH)」が、医療機関の要望に応じてスキーゴーグルを提供しているほか、医療従事者用のフェースシールドの生産を急きょ始めたコロラドのマウンテンバイクメーカー、イエティサイクル(YETI CYCLES)に協力し、フェースシールド1万個分に相当する4000ヤードのゴーグル用ストラップ素材を寄付した。

 さらに、サフィロが傘下に収めたアメリカ・カリフォルニアのブランド「ブレンダーズ・アイウエア(BLENDERS EYEWEAR)」は工場の一部で医療用ゴーグルの生産を始め、ロサンゼルスとサンディエゴにある病院に1万個のゴーグルを寄付したほか、ニューヨーク州など感染者が多い地域にゴーグル2万個を提供する予定だ。また、関係団体を通じて、売り上げの5%を寄付する。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら