ファッション

米アイウエア「バートン・ペレイラ」が007ジェームズ・ボンドのサングラスをデザイン

 アメリカ・ロサンゼルスのアイウエアブランド「バートン・ペレイラ(BARTON PERREIRA)」は、4月に公開される映画「007」シリーズの最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(NO TIME TO DIE)」でダニエル・クレイグ(Daniel Craig)が演じるジェームズ・ボンド(James Bond)ら主人公が掛けるサングラスを手掛ける。「バートン・ペレイラ」と、007映画シリーズのマーチャンダイジングなどを管理するイギリスのプロダクション会社EONプロダクションズとのグローバルなライセンス契約によるもので、サングラス3モデルがスペシャルパッケージや眼鏡拭き付きで販売される。

 ダニエル・クレイグが着用する黒いスクエア型の“JOE”モデルと、べっ甲模様の“NORTON”モデルの価格は4万円(スペシャルパッケージ付きは4万4000円)。ビリー・マグヌッセン(Billy Magnussen)が着用するチタンとアセテート素材を使用した“COURTIER”モデルは5万9000円(スペシャルパッケージ付きは6万3000円)。

 「バートン・ペレイラ」の共同創業者でデザイナーのパティ・ペレイラ(Patty Perreira)は「ジェームズ・ボンドのモデルは、『バートン・ペレイラ』らしいスタイル、デザイン、高いクオリティーやラグジュアリーさを表現している。『バートン・ペレイラ』を掛けたジェームズ・ボンドに会えることを誇りに思う」とコメントした。

 世界の販売権はイタリアの大手アイウエア企業マルコリンが有しており、日本ではマルコリンの日本総代理店であるヴィジョナイズが販売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら