ファッション

福井県の老舗ファクトリーが“一生モノ”のサングラスを発表 谷口眼鏡初のオリジナル

 福井県鯖江市の老舗アイウエア企業の谷口眼鏡が、初のサングラスブランド「テシオ(TESIO)」を4月に発売する。

 4型ある商品のデザインはユニセックスでベーシック。フレームに使用されているアセテート生地は主に綿花やパルプといった植物性の原料で作られており、体に優しく肌触りが良い。最大の特徴は、1957年創業の谷口眼鏡ならではの伝統の職人技で作られる高い品質だ。軽いだけでなく、全体の重量を考えてバランス感がよいため、フレームがずれ落ちにくく、長時間掛けていても疲れないアジアンフィット設計だ。同社の担当者は「ブランド名は、何かを大切に育てる意味で用いられる“手塩にかける”にちなんだ。職人の丁寧な手仕事で作られた一生モノのサングラスとして、長く大切に着用してほしいという思いを込めている。ファクトリーブランドだからこそできるクオリティーだ」と話す。修理やメンテナンスも同社の職人が行う(有料)。価格は2万3000円と3万2000円。そのほかに、谷口眼鏡は96年にスタートしたオリジナルの眼鏡フレームブランド「ターニング(TURNING)」を手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。