ファッション

福井県の大手アイウエア企業シャルマンの社長が交代 アメリカ法人社長が昇格

 福井県鯖江市の大手アイウエア企業シャルマンは、宮地正雄・社長が退任し、後任に本庄正享(ほんじょう・まさきよ)・専務執行役員兼シャルマンUSA社長兼CEOが就任する人事を発表した。3月26日に開催予定の株主総会と取締役会で正式に決定される。

 本庄新社長は1963年12月8日、福井県生まれ。福井大学工学部高分子工学科を卒業後、86年にシャルマンの製造部門である堀川製作所に入社。その後、同社グループの中国工場で製造部門を経験し、アメリカ、フランス、香港の現地法人で商品企画を担当した後、2015年に常務執行役員欧米事業部長、企画統括担当に就任、18年に再びアメリカに赴任してシャルマンUSA社長兼CEOとなり、今年1月に専務執行役員に就任した。シャルマンの売上高の半分以上を海外市場が占めていることから、今後も重要となるグローバル経営に対して、本庄氏の約20年にわたる国際経験の豊富さが今回の人事につながったようだ。なお、10年間社長を務めた宮地氏の今後については未定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら