ニュース

福井県の眼鏡企業シャルマンが銀座に路面店オープン “これまでにない眼鏡店を目指す”

 福井県の大手眼鏡企業シャルマンは8月5日に、東京・銀座の並木通りに路面店「シャルマン 銀座並木通り」(中央区銀座5-4-8 銀座カリオカビル)をオープンする。同社は以前、東京・表参道に出店したことがあるが(現在は閉店)、それ以来のオープンで、唯一の直営店となる。

 2フロア構成で、1階(約150平方メートル)は「ラインアート シャルマン(LINEART CHARMANT)」などシャルマンのハウスブランドを販売。2階(170平方メートル)は予約を主としたサロンにするほか、ルーペ付き眼鏡、X線防御眼鏡、フェイスシールドなど医療従事者用の眼鏡を販売し、ショールームとしても使用する。

 内装を担当したのは、さまざまな空間デザインやプロダクトデザインを手掛けているCDLコミュニケーションデザイン研究所の平野敬子。約500種類の眼鏡を360度から見ることができるディスプレーが特徴だ。同店ではシャルマンが海外市場用に販売している商品やショップ限定モデルも取り扱う。シャルマン独自の精密な頭部測定によるサイズチェックやカウンセリングにより、一人一人にフィットする最高レベルの眼鏡選びができるこれまでにない眼鏡店を目指す。

 宮地正雄シャルマン社長は、「銀座への出店は念願だった。従来の眼鏡店にない商品とサービスを用意しており、国内だけでなく海外のお客さまも引きつける魅力あふれる店舗にすることが目標だ。シャルマンの技術力と企業情報を発信する拠点にしたい。また、他の眼鏡店との協力や連動も考えたい。多店舗化は考えていない」と抱負を語った。同店にイメージクリエイティブ室を新設し、社内外のクリエイターや関係者と交流してさまざまなモノ作りやビジネスの可能性を探るという。「商品と店舗、企業を進化させるため、新しいことに挑戦するスタートの店だ」としている。

 シャルマンは1956年に眼鏡フレームの部品メーカーとして創業。東北大学金属材料研究所と約8年をかけて共同開発した素材“エクセレンスチタン”を使用した「ラインアート シャルマン」は、2009年の発売以来、世界約100カ国で累計260万本を販売している。