ファッション

三城のサングラスショップ「サニー」が初の路面店を原宿にオープン

 眼鏡専門店チェーンのパリミキとメガネの三城を運営する三城は、東京・表参道のキャットストリートにサングラスショップのサニー(SUNNY)原宿店(約50平方メートル)を7月10日にオープンした。

 サニーは“太陽と戯れる”をテーマに、ファッション性が高いサングラスを主とするショップで、「レイバン(RAY-BAN)」「アイヴァン(EYEVAN)」「オリバーゴールドスミス(OLIVER GOLDSMITH)」などを販売している。内装は、アメリカンダイナーをイメージしたアンティークのジュークボックスやエレキギターのディスプレーが特徴だ。昨年11月に三重県津市のイオンモール津南店に1号店をオープンし、原宿店は2店舗目で初の路面店となる。田代竜一同店店長は「ファッション性が高いサングラスを提供し、若者だけでなく原宿エリアの顧客の拡大を図りたい」と話した。三城はキャットストリートにパリミキを構え、6月28日に店舗型ショールーム「ディグナハウス(DIGNA HOUSE)」をユナイテッドアローズ原宿本店横にオープンしており、3業態で原宿エリアの顧客の囲い込みを図る。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら