ファッション

三城のサングラスショップ「サニー」が初の路面店を原宿にオープン

 眼鏡専門店チェーンのパリミキとメガネの三城を運営する三城は、東京・表参道のキャットストリートにサングラスショップのサニー(SUNNY)原宿店(約50平方メートル)を7月10日にオープンした。

 サニーは“太陽と戯れる”をテーマに、ファッション性が高いサングラスを主とするショップで、「レイバン(RAY-BAN)」「アイヴァン(EYEVAN)」「オリバーゴールドスミス(OLIVER GOLDSMITH)」などを販売している。内装は、アメリカンダイナーをイメージしたアンティークのジュークボックスやエレキギターのディスプレーが特徴だ。昨年11月に三重県津市のイオンモール津南店に1号店をオープンし、原宿店は2店舗目で初の路面店となる。田代竜一同店店長は「ファッション性が高いサングラスを提供し、若者だけでなく原宿エリアの顧客の拡大を図りたい」と話した。三城はキャットストリートにパリミキを構え、6月28日に店舗型ショールーム「ディグナハウス(DIGNA HOUSE)」をユナイテッドアローズ原宿本店横にオープンしており、3業態で原宿エリアの顧客の囲い込みを図る。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら