ニュース

萌え × ストリートの異色アーティストJUN INAGAWAが秋葉原で個展を開催中

 ストリートシーンからオタクまでを賑わせる話題のアーティストJUN INAGAWAが、個展「fukurotoji」を東京・秋葉原のダブ ギャラリー(DUB GALLERY)で8月7日まで開催中だ。

 個展は、世界が崩壊した2030年の秋葉原で生き残った5人のオタクたち“OTAKU HEROEZ”が集う秘密基地がテーマ。“OTAKU HEROEZ”はオタク界の革命児OTAKU HEROをはじめ、エロ同人好き、ゲーム好き、BL(ボーイズラブ)好きの3人のオタク、魔法使いの5人で結成され、彼らが生き延びようとする様子を10点以上の描き下ろしイラストと空間で演出している。

 入場料は投げ銭制で、秘密基地をイメージしたオリジナルドリンクの提供とJUN INAGAWAのサイン入りゲストパス風ステッカーが付く。

 会場ではTシャツ(2万円)やクリアファイル(4000円)、ステッカー(2000円)といった定番グッズだけでなく、抱き枕(8万円)やおっぱいマウスパッド(7万円)といった秋葉原らしいグッズも販売している。

 JUN INAGAWAは1999年東京生まれ。幼い頃から漫画を描き、2012年にアメリカ・サンディエゴへ移住し現地でオタクに目覚める。16歳のときに見たスケートビデオをきっかけにストリートカルチャーに傾倒し、以降「ヴィーロン(VLONE)」をはじめとしたさまざまなストリートブランドやラッパーとコラボを果たす。現在は活動拠点を日本に移し、漫画家を目指す傍ら、“魔法少女まざーふぁっかー”としてDJをするなど多岐にわたって活動している。

■fukurotoji
日程:7月20日〜8月7日
時間:12:00〜19:00
会場:DUB GALLERY AKIHABARA
住所:東京都千代田区神田佐久間町1–14 第2東ビル2階 216号室
入場料:投げ銭制