ニュース

出店ラッシュ! 「トゥー フェイスド」が日本初の旗艦店を渋谷にオープン 今年に入り3店舗目、今後も出店続く

 ELCグループのカリフォルニア発メイクアップブランド「トゥー フェイスド(TOO FACED)」は昨年夏の日本上陸から約半年が過ぎ、さらなる出店攻勢をかけている。2月14日に、初の旗艦店を東京・渋谷のマグネット バイ 渋谷109に開設。今年に入ってからは1月に博多阪急や阪急うめだ本店に出店、今後2月にジェイアール名古屋タカシマヤ、3月には高島屋横浜店への出店が決定しており、8店舗体制(セミセルフショップは除く)となる。

 初の旗艦店は渋谷の駅前の好立地だ。「ブランドのターゲット層を20代中心にしているため、渋谷のスクランブル交差点に近いという立地とは相性がよい」と木村ダーリーンELC ジャパン トゥー フェイスド事業部 プロダクト マーケティング アシスタント マネージャーは語る。店舗は、共同創業者のジェロッド・ブランディーノ(Jerrod Blandino)チーフクリエイティブディレクターが日本のためだけにデザイン。商品は、上陸以来発売の希望が多かったハート型のハンドミラーや、ビーガン素材でできたうさぎ型メイクポーチなどのグッズのほか、アメリカで売り上げナンバーワンマスカラ「ベター ザン セックス」のウォータープルーフタイプを限定品として用意する。

 「トゥーフェイスド」は、1998年に米・カリフォルニアで誕生。ピンクやハートなどかわいらしさを打ち出しながらも、カラーのテイストからかっこよさも兼ね備え、20代を中心に支持を集めている。本国がインスタグラムでの発信に力を入れ人気を獲得していることから、日本でも上陸と同時にローカルアカウントを立ち上げ、日本の若年層が好むややナチュラルなメイク写真をアップするなど独自のコンテンツも発信。アカウントは、開設から3カ月ほどでフォロワー数5万を達成した。

 「ターゲット層からの人気に加え、ほかにはないブランドの世界観で、多くのデベロッパーから出店のオファーがある」という。今回、リアルなタッチポイントを増やしブランドの世界観を発信することで、さらなる成長を目指す。