ファッション

高級ECのモーダ・オペランディが100億円調達、アパックスとNEAから

 ラグジュアリーECサイトを運営するモーダ・オペランディ(MODA OPERANDI)が新たに1億ドル(約108億円)を調達した。5100万ドル(約55億円)が増資、4900万ドル(約52億円)が融資になる。リードインベスターは世界最大のベンチャーキャピタル(VC)の一つであるニュー・エンタープライズ・アソシエイツ(NEW ENTERPRISE ASSOCIATES、NEA)と投資会社アパックス・パートナーズ(APAX PARTNERS)傘下のアパックス・デジタル・ファンド(APAX DIGITAL FUND)。資金は主にテクノロジーと顧客体験の向上などに充てる。調達資金の累計額は3億4500万ドル(約372億円)になる。

 「モーダ・オペランディ」は2010年にファッション誌編集者だったローレン・サント・ドミンゴ(Lauren Santo Domingo)が創業したラグジュアリーECで、ラグジュアリーブランドのウイメンズアパレルからスタートし、現在はジュエリー、雑貨、インテリア、メンズまで取り扱いを拡大。サイト上での先行受注といった“デジタルトランクショー”やデザイン性の高いサイト、ショールームや家でスタイリストがコーディネートするワン・トゥ・ワン接客などを武器に急成長を続けている。

 モーダ・オペランディは、香港の大富豪で若き投資家として知られるエイドリアン・チェン(Adrian Cheng)率いるK11インベストメント(K11 INVESTMENT)とCベンチャーズ(C VENTURES)が17年2月に株式の過半を取得している。エイドリアン・チェンの一族は、ジュエリーチェーンの周大福(CHOW TAI FOOK)を筆頭に不動産、ホテル業なども行うコングロマリット企業を運営している。

 アパックスは、イギリスを拠点にする同じくラグジュアリーECのマッチズファッションドットコム(MATCHSFASHION.COM)を傘下に有している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら