ビジネス

世界有数の大富豪一族にして香港の新世代投資家が語る、ミレニアル世代以降のための新ビジネス

 香港出身の大富豪、エイドリアン・チェン(Adrian Cheng)は自身が立ち上げた投資会社K11インベストメント(K11 INVESTMENT)とCベンチャーズ(C VENTURES)を通じてEC企業モーダ・オペランディ(MODA OPERANDI)の過半数株式を取得した。ミレニアル世代とジェネレーションZに強いデジタルライフスタイルブランドやデジタルプラットフォームの買収を目指す同氏の戦略の一環だ。

 「ファッション産業は長い間大きな変化がない状態が続いている。一方でeコマース分野では、洗練されたミレニアルズの将来的なニーズに応えるための斬新なビジネスモデルが続々と登場している。モーダ・オペランディは明らかにその中の一つであり、Cベンチャーズが構築を目指すグローバルなエコシステムの構想にぴったりだ」とコメントした。Cベンチャーズが構築するエコシステムの一部となることでモーダ・オペランディはアジアや中国のラグジュアリー市場に参入する機会を得る。

 同氏はモーダ・オペランディのデジタルトランクショーを中心としたサイト構成や、シーズン中のセールを実施するビジネスモデルについて「ユニークで最先端だ」と評価している。

 取得率や取得額などの詳細は明らかとなっておらず、スポークスマンからのコメントも得られなかったが、同氏はモーダ・オペランディの役員となり、実際に経営に携わることは認めた。

 チェンはK11インベストメントとCベンチャーズの経営の他に、父親のヘンリー・チェンが会長を務める香港のコングロマリット、ニュー ワールド ディベロップメント(NEW WORLD DEVELOPMENT)とジュエリーグループ周大福(CHOU TAI FOOK)のエグゼクティブ・ディレクターも務める。ニュー ワールド ディベロップメントは、ニューヨーク・マンハッタンにあるザ カーライルホテル(THE CARLYLE HOTEL)などを運営するローズウッド ホテル グループなどを擁するコングロマリットだ。

 また、チェン一族の不動産とジュエリービジネスの企業価値は300億ドル(約3兆3600億円)とみられており、エイドリアン・チェンの祖父に当たるチェン・ユータンは1代で150億ドル(約1兆6800億円)の資産を築いた起業家だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら