フォーカス

ルイ・ヴィトンCEOが語る“今、大阪”の理由 御堂筋に世界初の飲食併設大型店オープン

有料会員限定記事

 ルイ・ヴィトンは2月1日、国内最大級の店舗「ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋」をオープンした。青木淳が手がけた白い帆のような外観は、ラグジュアリーブランドが立ち並ぶ御堂筋でひと際目立つ存在だ。9層の4フロアを店舗とし、7階には世界で初めてカフェとレストランを併設する。今、なぜ大阪に“メゾン”なのか。来日したマイケル・バーク=ルイ・ヴィトン代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)に話を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年2月3日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2474⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介