ファッション

パンクの巨匠に捧げた「ディオール」20-21年秋冬メンズ フロントローには吉沢亮

 「ディオール(DIOR)」は1月17日、パリ・メンズ・ファッション・ウイークで2020-21年秋冬メンズ・コレクションを発表した。アーティスティック・ディレクターのキム・ジョーンズ(Kim Jones)は今季2018年に死去したスタイリストの巨匠、ジュディ・ブレイム(Judy Blame)氏にオマージュを捧げたショーを披露した。日本からは俳優の吉沢亮、けみお、プロサーファーの五十嵐カノア選手が来場した。

 フロントローには吉沢亮のほか、モデルのアジョア・アボアー(Adwoa Aboah)や、ケイト・モス(Kate Moss)、デヴィッド・ベッカム(David Beckham)とその長男ブルックリン・ベッカム(Brooklyn Beckham)らが着席しショーを見届けた。ブレイム氏のパンクなDIY精神を反映し、安全ピンを配した“DIOR”ロゴ前では多数のセレブがポーズを決めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら