ファッション

“雲の上”のセレブたちが現れた! 「ルイ・ヴィトン」2020-21年秋冬メンズフロントローにクリス・ウーらの姿

 パリ・メンズ・ファッション・ウィークの開催3日目となる1月16日に、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が2020-21年秋冬コレクションを発表した。今回のショー会場となったパリのチュイルリー庭園(Tuileries Gardens)に設置されたテントの中は、雲の浮かぶ青い空の様子がペイントされていた。

 ショー会場にはヴァージルと親交のある村上隆、ベルギーのサッカー選手のトーマス・ムニエ(Thomas Meunier)、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の息子のカイランド・モリス(Kailand Morris)、ラッシュ(Lash)、台湾人歌手のチェン・リノン(Chen Linong)、タイガ(Tyga)、ミーゴス(Migos)のメンバーのクエヴォ(Quavo)やテイクオフ(Takeoff)、ラッパーのポップ・スモーク(Pop Smoke)、シンガー・ソングライターのJ. バルヴィン(J Balvin)、DJのディプロ(Diplo)など、アーティストやスポーツ選手、そして音楽業界などから多数の著名人がフロントローの席に着いた。

 また、20年春夏ショーのフロントローでもおなじみのK-POPグループEXOの元メンバーのクリス・ウー(Kris Wu)やベラ・ハディッド(Bella Hadid)の姿もあった。

 そして、ショー会場には昨年11月にティファニー(TIFFANY &CO.)の買収を発表して話題を呼んだLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼最高経営責任者(CEO)や次男のアレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=リモワ(RIMOWA)CEO、三男のフレデリック・アルノー(Frederic Arnault)=タグ・ホイヤー(TAG HEUER)戦略・デジタル担当ディレクターらアルノー一族も姿を見せた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら