ビートたけしが新ブランド「キタノブルー」でファッション界に殴り込み

新ブランド・新ライン

2018/5/17 (THU) 12:00

 ビートたけしがプロデューサーを務める新アパレルブランド「キタノブルー(KITANOBLUE)」が5月17日にデビューした。メンズのカジュアルウエアを中心にゴルフウエアやバッグ、帽子などの小物を販売する。一部ウィメンズアイテムも展開する。

 運営するのは、同ブランドのために設立されたアパレルメーカーのGONZO。たけし軍団の芸人でもある無法松・社長は「社名には、殿(たけし)の愛犬の名前をいただいた。5月17日は僕の誕生日であり、師匠には本当に感謝している」とコメントした。

 たけし本人が描いた絵を裏地に使ったジャケット(7万円)や、たけしのギャグである“コマネチ”のシルエットを刺しゅうしたポロシャツ(1万8000円)やキャップ(6000円)をラインアップする。他にTシャツ(9800円~)やジーンズ(2万4000円~)も取りそろえる。アーティストとしての一面も持つたけしらしく色彩にこだわり、随所に和テイストを取り入れているのが特徴だ。

 プライスタグの付いたサンプルを見たたけしは「思った以上に高いな(笑)。でも、洗っても色落ちしないんだろ?『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で作ったトレーナーは色落ちして困るって評判が悪かったから、しっかり頼むよ!」と無法松社長にエールを送った。

 17日に立ち上げたECサイトで予約受け付けを開始しており、7月から順次デリバリーする。ブランドは単発企画ではなく、今後も継続していく。無法松社長は「百貨店やセレクトショップに向け、卸も行いたい」と述べた。冬に向けては「“ドカジャン”を作りたい」という。イメージはたけしが扮する人気キャラクターの鬼瓦権造で、「ここにも何かしらの形で殿のアートワークをプラスしたい」という。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 神楽坂のラカグが営業終了 アコメヤに業態変換

    企業動向商業施設リブランディング
  2. PICKUP

    「ジジ」休刊 名物編集長の岸田氏退任発表後に急展開

    企業動向雑誌・書籍・媒体休刊
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true