ファッション

マリエが4年かけて立ち上げたブランドを初披露

 モデルやタレントとして活動するマリエは、自身のファッションブランド「パスカル マリエ デマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS)」を初披露した。4年の準備期間を経て、マリエ本人が社長を務めるヘルオブヘブン(HELL OF HEAVEN)を自己資金で立ち上げた。3人のチーム体制で、マリエがデザインを担当。毎シーズン、ユニセックスで、シーズンレスの6アイテムを提案する。ブランド名はマリエの本名にちなむ。

 モノ作りは、和歌山の素材メーカーであるエイガールズ(A- GIRL'S)や小野莫大小工業(小野メリヤス)をはじめ、ニューヨークのプリント工場のルックステュディオ(LQQK STUDIO)など、マリエがこれまで出会ってきた職人や工場を含む国内外のメーカーと取り組む。

 販路は地方セレクトショップとECサイト。仙台のレボリューションをはじめ、福岡、神戸などの個店で販売する。マリエは「東京では販売しない。どこでも手に入るものではなく、その地方に旅をして、街の風景を見て、買い物を楽しんでいただくことも含めて、商品を提案したい」と話す。

 6月11日には、公式オンラインストアでTシャツ(1万3800円)を72枚限定で発売する。背中に“PMD”の立体プリントを施している他、洗濯表示などのタグは付けず、Tシャツそのものにプリントした。

 マリエは「これまで100人以上のデザイナーやアーティストにインタビューしたり、専門学校で講師をしたりするなかで、改めてファッションを再選択する機会を与えてもらった。自分が服を作るのなら、無駄のないモノで、一生使えて、本当に必要なものにとことんこだわりたかった。価格も、時間も、クオリティーも、何も諦めたくない」と熱く語った。

 マリエは1987年6月20日東京生まれ。モデルやタレント活動を経て、2011年にニューヨークのファッションの名門校パーソンズ・スクール・オブ・デザイン(以下、パーソンズ)に留学。現在、NHKワールド「トウキョウ・ファッション・エキスプレス」のMCやJ-WAVEでラジオ「シーズンズ(SEASONS)」のナビゲーターを務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら