ニュース

ビートたけしプロデュースの「キタノブルー」が初ポップアップストアをオープン

 ビートたけしがプロデューサーを務めるアパレルブランド「キタノブルー(KITANOBLUE)」とイベントの企画、運営などを行うエルエスディーは7月13日〜9月29日、期間限定で「キタノブルー ポップアップストア」をホレホレ カフェ&ダイナー(hole hole cafe&diner)渋谷店にオープンする。アイテムは、オンラインで販売しているビートたけしの絵、“コマネチ”マークをプリントしたTシャツ、クラッシュ加工を施したデニムパンツのほか店舗限定商品などを販売する。価格は8000〜2万6800円。

 「キタノブルー」は、ビートたけしが初めて本格的に手掛けるアパレルブランド。“ビートたけしの感性を多くの人たちに感じてもらいたい”という思いから、お笑い芸人で同ブランドのために設立されたアパレルメーカーGONZO代表の無法松が立ち上げた。アイテムは半数以上が日本産の生地を使用し、和のテイストを取り入れることで年齢を問わない枠なブランドに仕上げている。