ファッション

メルローズの「リエス」が辺見えみりとのコラボアイテム 夏に向けたワンピース3型を提案

 メルローズの「リエス(LIESSE)」は、女優でタレントの辺見えみりとのコラボアイテムを4月20日に発売する。コラボ企画は前シーズンの秋冬に続き2回目で、30代の女性に向けた春夏のワンピース3型を提案。ルミネ新宿店やなんばCITY店など全国の「リエス」店舗とメルローズオンラインストアで販売する。

 1回目のコラボアイテムのデザイン性がブランドの既存客に好評だったことを受けて2回目の実現となった。今回は “大人の女性が夏のバカンスでもリラックスして着用でき、着まわしもできる便利なもの”という辺見のアイデアと、体形カバーなど30〜40年代女性の悩みを考慮したワンピースを製作。

 1つ目のアイテムは後ろ開き・前開きのワンピースとしても、またボタンを外してロングジレにもできる3WAYのリネンノースリーブワンピース(2万8000円)。カラーは夏らしいベージュ、オレンジ、ブルーの3色を展開する。2つ目はベルト付きVネックワンピース(2万8000円)で、1枚で様になるようなシルエットにこだわった。素材はリネンで、カラーはアイボリーとカーキを用意する。

 コンパクトに収納できて、シワになりにくいものが欲しいという辺見の声から生まれた3つ目のノースリーブニットワンピース(2万2000円)は、ほどよくタイトなトップスと少しボリュームのあるロング丈のスカートを合わせた切り替えデザインが特徴。カラーは橙(だいだい)に近いレンガとデニムの2色を販売する。

 「リエス」は、“自由な自分でいられる大人な服”をコンセプトに展開するウィメンズブランド。現在はルミネ新宿店やなんばCITY店のほか、ルミネ有楽町や仙台パルコ、名古屋・タカシマヤ ゲートタワーモールなどに出店している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら