ファッション

メルローズが新ブランド「コンバース スターズ」を発表

 ビギグループのメルローズは今春、新ブランド「コンバース スターズ(CONVERSE STARS)」をスタートする。2015年秋に立ち上げて以来の好調の「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」に次ぐ、伊藤忠商事傘下のコンバースジャパンとのライセンスブランド。エイジレス、ジェンダーレス、インクルーシブの考えを取り入れて、新しいアメリカンカジュアルを提案する。

 商品は「コンバース」発祥地のアメリカにちなんで、アメカジを軸にスタンダードなトレーナーやパーカ、Tシャツを看板アイテムにする。キーワードは “Pick Your Size, Choose Your Mood(サイズを選んで、ムードを選ぶ)”で、例えばユニセックスのパーカはXS〜XXLの7サイズ、5色展開。女性がXXLのサイズのパーカを選べばワンピースのように着こなすことができるなど、選ぶ人の個性に合わせて着てもらうのが狙いだ。また一着一着異なる古着リメイク商品も扱う。価格帯はTシャツ3800〜1万円、 トレーナー・パーカ8000〜1万3000円、シャツ・ブラウスやボトムス1万〜1万6000円、アウター1万5000〜3万円、トートバッグやキャップなどの雑貨2000〜5000円などを予定し、「コンバース トウキョウ」よりも手頃な価格に設定する。春以降にはキッズサイズの商品も検討する。

 3月1日にはルミネエスト新宿地下2階に1号店をオープン。今春に3店舗、3年後には20店舗体制を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら