ファッション

「ジョンスメドレー」の日本代理店がメルローズの100%子会社に

 英国の上質ニットブランド「ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY)」を輸入販売するリーミルズエージェンシーは4月1日付で、ビギホールディングス(HD)傘下のメルローズの100%子会社になる。同社はすでにオフィスをビギHDの拠点のある目黒区青葉台に移転している。リーミルズエージェンシーはビギHDの親会社である三井物産を通じ、英国ジョンスメドレー本体とも連携し、今後は日本の直営店でショップオリジナルの布帛(ジャケットやパンツ)などのアイテムの開発も行う。

 「ジョンスメドレー」は現在、東京・銀座の路面店と名古屋のミッドランドスクエア、大阪ハービスなどに5店舗の直営店と2店舗のアウトレット店の他、全国のセレクトショップなどに約300の取引先を持つ。長渕靖リーミルズエージェンシー社長は「経営体制や卸先などの展開に変更はない。今後はメルローズ社の生産背景を活用し、直営店でオリジナルアイテムを販売するなど、『ジョンスメドレー』の世界観をより強化していく」という。

 リーミルズエージェンシーは、1988年に海外ブランドの輸入を手掛ける真下商事の100%子会社として設立。当初「ジョンスメドレー」を専門に扱っていたが、その後カシミヤストールで知られる「ジョンストンズ(JOHNSTONS)」、高級手袋の「デンツ(DENTS)」、高級ソックスの「パンセレラ(PANTHERELLA)」などの英国ブランドの輸入もスタートしていた。メルローズ傘下になることで「ジョンスメドレー」と「ジョンストンズ」のみの扱いになり、それ以外のブランドは真下商事が引き継ぐ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら