ファッション

「シュプリーム」大阪店で盗難被害 数十点の衣類が盗まれる

 「シュプリーム(SUPREME)」大阪店が16日未明、盗難被害に遭ったことが明らかになった。報道によると、午前5時頃に警備会社から「店舗の異常を感知するセンサーが反応している」と110番通報があり、大阪府警西警察署員が現場に駆けつけると店舗正面のドアガラスが割られ、店内に並んでいた衣類が盗まれていたという。同署によると、盗まれた衣類は数十点で被害総額は数百万円にのぼる。

 「シュプリーム」は数日前に、人気アイテムの1つであるボックスロゴがプリントされたフーディーの新作を発売していたほか、今週末にも同様のボックスロゴがプリントされたTシャツの販売を予定しており、犯人はこれらのアイテムを狙っていたと思われる。同フーディーは現在、2次流通市場で定価の3倍以上の10万円近い価格で取り引きされている。

 近年「シュプリーム」のアイテムをめぐる事件が多発しており、昨年5月には入店を待つ客が警備員を襲撃する暴行事件があったほか、今年1月にはロンドン店の看板が盗難に遭っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら