ファッション

マシュー・ウィリアムズと「ナイキ」の第3弾コラボ インダストリアルなアパレルとスニーカーを用意

 「ナイキ(NIKE)」と「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」を手掛けるマシュー・M・ウィリアムズ(Matthew M. Williams)は、昨年から続く“Future uniform of training(未来のトレーニングユニホーム)”と題したコラボトレーニング・コレクションの第3弾を12月5日に発売する。

 同コレクションは、マシューらしいインダストリアルな要素を感じさせるトレーニングギアのアパレルとスニーカーで構成されている。“ジョイライド CC3 セッター(JOYRIDE CC3 SETTER)”と名付けられたスニーカーは、今年7月に発表された新たなクッショニングソール“ジョイライド”を搭載した1足で、「1017 アリックス 9SM」2020年春夏パリメンズのランウエイで披露されたものだ。オリジナルモデルの“ジョイライド”はシンプルなフライニットのアッパーが特徴だったが、今作のアッパーはメッシュや合皮などの素材を組み合わせており、シューレースシステムも独自のものを採用している。価格は2万円で、ホワイトとブラックの2色を用意した。

 アパレルは、肩掛けできるストラップが付いたフード付きダウンコート(8万円)をはじめ、耐風性と耐水性を持つシェルパジャケット(5万円)、マグネット式のバックルが特徴的なハイブリッドタイツ(2万7000円)、複数のポケットが配されフレンチテリー素材のタオルが付属するパンツ(2万円)、背面にメッシュポケットを備えたスポーツブラ(9000円)、アンダーウエア(3000円)などのメンズとウィメンズをそろえ、「1017 アリックス 9SM」らしいボディーバッグもラインアップする。

 「ナイキ」公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や南青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)のほか、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などの一部店舗で取り扱う。

 イメージビジュアルは、アメリカ・コロラド州のアスペンでコレクションを着用してトレーニングを行う様子を撮影したもので、マシュー=デザイナーのインスタグラムには自らもトレーニングを楽しむ様子が投稿されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら