ファッション

「シュプリーム」 × 「リモワ」が1年半ぶりに実現 全面に蜘蛛の巣をプリントしたインパクト大のデザイン

 「シュプリーム(SUPREME)」は11月16日に、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン グループ(LVMH MOET HENESSEY LOUIS VUITTON GROUP以下、LVMH)傘下で、1898年にドイツで創業した老舗ラゲージメーカー「リモワ(RIMOWA)」とのコラボスーツケース2型を発売する。価格は非公開で、「シュプリーム」各店舗および両ブランドの公式サイト、一部の「リモワ」直営店で取り扱う。

 両者がコラボするのは昨年4月以来2度目。前回は、“Supreme”の文字を大胆にボディーにプリントしたシンプルなスーツケーツだったが、今回は全面にクモの巣をプリントし、背面に「シュプリーム」のボックスロゴを配したインパクトあるデザインに仕上げた。「リモワ」らしいアルミニウム製スーツケースがベースで、インナーは「シュプリーム」のロゴが総柄であしらわれ、両者のロゴを用いたレザーのラゲージタグが付属する。

 今回のコラボが実現した背景には、アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=リモワ共同最高経営責任者(CEO)の存在が大きい。現在27歳でミレニアル世代にあたるアレクサンドルCEOは、「シュプリーム」をはじめとしたストリートブランドに造詣が深い。2017年に現職に就任して以降は「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」や「アンブッシュ(AMBUSH)」のほか、現代アーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)やビジュアル・アーティストのアレックス・イスラエル(Alex Israel)らストリートシーンで注目を集めるブランドやアーティストとのコラボを相次いで発表。また、創業120周年を迎えたタイミングでブランドロゴを一新するなど、新規顧客の開拓に注力している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら