ニュース

「リモワ」 × 「オフ-ホワイト」のコラボスーツケースはスケルトン! 7月初旬に発売

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENESSEY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下のラゲージメーカー「リモワ(RIMOWA)」は、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」とのコラボスーツケースを発売する。

 2019年春夏シーズンのパリ・メンズ・コレクション期間中の6月20日に開催する「オフ-ホワイト」のショーの中で発表し、発売は7月初旬を予定。価格は13万円(予価)で国内では表参道店限定発売となる。「リモワ」の“エッセンシャル モデル”をベースにしたスーツケースは、透明なポリカーボネイトを使用し、透ける特徴を生かすため内装のライニングを取り除いた他、「オフ-ホワイト」を特徴づけるオレンジの付け替え可能なホイールを付属する。

 アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=リモワ共同最高経営責任者(CEO)は17年9月、“PERSONAL”と“BELONGINGS(俺のもの)”という英単語をのせた「リモワ」のスーツケースを自身のインスタグラムに投稿してコラボレーションを匂わし話題となった。その後、詳細が待たれたが、ヴァージルの「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズ・クリエイティブ・ディレクター就任が発表された3月に初めて同コラボ発売が正式に発表された。

 なお、同コラボの発表のタイミングはヴァージルと「ルイ・ヴィトン」との契約とは無関係で、「研究に時間を要したため、発表までに時間がかかっただけ」だとアレクサンドル共同CEOは説明している。