ファッション

「リモワ」が銀座に国内初の旗艦店をオープン ラオックス銀座本店の跡地

 ドイツのラゲージブランド「リモワ(RIMOWA)」は12月18日、国内初の旗艦店を東京・銀座にオープンした。場所は、免税店大手ラオックスの「銀座本店」跡地で、中央区銀座7-9-17。2フロアで構成している。

 “バスケット(かご)”と名付けたディスプレースペースや和紙で装飾したらせん階段など、日本の伝統文化からインスパイアされたデザインと近代的なデザインを融合した内装となっている。幅広い種類のスーツケースをそろえる他、2階にはリペアサービスなどを提供するサービスカウンターも構える。

 1898年に独ケルンで創業した「リモワ」は、アルミニウムやポリカーボネートなど、それまでスーツケースに用いられていなかった素材をいち早く取り入れてきたラゲージブランド。近年、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」や「シュプリーム(SUPREME)」とのコラボアイテムでも話題を集めている。2017年1月からLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)の傘下。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。