ファッション

ワールドが「カオン」の商標権を譲受

 ワールドは、米山薫によるウィメンズブランド「カオン(KAON)」の商標権を10月に譲受した。ワールド傘下で「アンタイトル(UNTITLED)」などを運営するフィールズインターナショナルが2019年春夏からワールドの持つ生産・原料背景、営業、物流、ECなどのプラットフォームを活用し、「カオン」を生産販売する。米山はデザイナー業に専念。販路は今後もセレクトショップなど卸を中心とするが、ECサイトの開設も検討する。プレ・コレクションもスタートさせ、19年1月には初の19年プレ・フォールを発表予定だ。

 米山は東京都出身。1999年に自身のブランド「フィービー(PHOEBE)」をスタートし、2003年に「カオン」を立ち上げる。デザインはパールやリボン、フリル使いのディテールが特徴的。米山は2児の母でもある。19年春夏の価格帯はトップス2万5000~3万8000円、ボトムス3万5000~4万8000円、ワンピース2万7000~4万3000円など。これまでは生産から営業まで全て米山が行っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。