ファッション

ワールドが構造改革にメド、新たな局面へ 再上場までの道のりをたどる

 大手アパレルのワールドが、9月28日に東証一部に上場した。同社は2005年11月にMBO(経営陣らによる買収)によって上場を廃止しており、13年ぶりの再上場になる。この間、競合の激化やECの台頭で同社を取り巻く環境は大きく変わった。多角化や大量出店がたたり、16年3月期には13ブランドを廃止して約500店舗を閉め、約450人の希望退職者を募った。再建を託され、創業家以外で初のトップに就いた上山健二・社長は構造改革にほぼメドをつけ、再上場を機に新しい成長モデルの構築に本腰を入れる。これまでの動きを振り返ってみる。

大規模リストラから再上場へ

【構造改革】

大手アパレル相次ぐリストラ、大量出店戦略は曲がり角に?

ワールド、上期に181店を閉鎖 「アニマ」「ジンジャーエール」終了

ワールドの希望退職者が453人に

【持ち株会社体制移行】

ワールドが持株会社に移行 百貨店やSC向け業態ごとに事業会社設立

ワールドの持ち株会社体制移行 国内事業会社の詳細を発表

【東証一部に再上場】

ワールドが再上場、初値と終値がともに公開価格を下回る

ワールド、再上場で調達する300億円を「プラットフォーム事業」と「M&A」に投資

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。