フォーカス

ワールドが構造改革にメド、新たな局面へ 再上場までの道のりをたどる

 大手アパレルのワールドが、9月28日に東証一部に上場した。同社は2005年11月にMBO(経営陣らによる買収)によって上場を廃止しており、13年ぶりの再上場になる。この間、競合の激化やECの台頭で同社を取り巻く環境は大きく変わった。多角化や大量出店がたたり、16年3月期には13ブランドを廃止して約500店舗を閉め、約450人の希望退職者を募った。再建を託され、創業家以外で初のトップに就いた上山健二・社長は構造改革にほぼメドをつけ、再上場を機に新しい成長モデルの構築に本腰を入れる。これまでの動きを振り返ってみる。

大規模リストラから再上場へ

【構造改革】

大手アパレル相次ぐリストラ、大量出店戦略は曲がり角に?

ワールド、上期に181店を閉鎖 「アニマ」「ジンジャーエール」終了

ワールドの希望退職者が453人に

【持ち株会社体制移行】

ワールドが持株会社に移行 百貨店やSC向け業態ごとに事業会社設立

ワールドの持ち株会社体制移行 国内事業会社の詳細を発表

【東証一部に再上場】

ワールドが再上場、初値と終値がともに公開価格を下回る

ワールド、再上場で調達する300億円を「プラットフォーム事業」と「M&A」に投資