ファッション

ワールドとキャンプファイヤーが資本・業務提携

 大手アパレルのワールドは6月1日、クラウドファンディングのキャンプファイヤーと資本・業務提携を結んだことを発表した。出資額は非公表。今後、キャンプファイヤーはクラウドファンディング上で支援するクリエイターや企業に、ワールドの持つプラットフォームの活用を促していく。

 キャンプファイヤーは2011年に設立した日本最大のクラウドファンディングプラットフォーム。クリエイターが持つアイデアを実現するために必要な資金を、そのアイデアに共感した人々から調達できるサービスを提供している。これまでのプロジェクト掲載数は1万2000件以上で、支援総数は52万人を超え、流通額は約51億円にのぼる。16年10月に開始したファッションに特化したクラウドファンディングサービスの「クロス(CLOSS)」では、ファッションブランド育成プログラム「クロス ファッションフォワード(CLOSS Fashion Forward)」で東京を拠点にするデザイナーズブランドの「プラスチックトーキョー(PLASTICTOKYO)」「ハトラ(HATRA)」「テンダーパーソン(TENDER PERSON)」の3ブランドを支援している。同年12月には、ブランド立ち上げとアパレル製造プラットフォーム「スターテッド(STARted)」を運営元のバンダースナッチから事業譲受した。

 今回の提携のきっかけは昨年11月、家入一真キャンプファイヤー社長からの申し出だった。「7年前からクラウドファンディングを開始し、さまざまなジャンルのプロジェクトを実現する場を提供してきた。2年前にスタートしたファッションに特化したクラウドファンディングの『クロス』では、小規模で展開していて、そこから一歩先に踏み出せないブランドが多かった。機能補充がされなければ、継続的な育成が難しい。その時にワールドがプラットフォームのオープン化を進めていると聞いて、力を借りたいと相談した」と説明する。上山健二ワールド社長は「キャンプファイヤーに集まるクリエイターに、足りないピースをワールドが補完することはできるのではないかと考えた」と語る。

 現在ワールドは、同社の持つ生産、店舗、販売、空間設計などのノウハウを外部企業へも提供するプラットフォーム事業を強化している。クリエイターに対して、国内に自社工場や提携工場を持つ生産力や店舗開発面で出店サポートが可能だ。また、PR面ではワールドが表参道に構える自社の北青山ビルのプレスルームの活用や、同ビルの1階を展示会スペースとして貸し出すことを検討する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。