ニュース

ダイソン日本法人の麻野社長が退任 後任は地域ディレクター

 ダイソン(Dyson)は6月1日付で、日本法人のトップである麻野信弘・社長の退任を発表した。後任にはアレックス・オデル(Alex O’dell)=マネージング・ディレクターが就く。

 麻野社長は2012年に就任し、14年にロボット掃除機の「ダイソン 360 アイ」、16年にヘアドライヤー「ダイソン スーパーソニック」を世界に先駆けて発表した他、15年には世界初の旗艦店を表参道にオープンするなど、日本でのブランド力強化に尽力した。

 新任のアレックス新社長は13年に入社。英国市場のセールス・ディレクターや英国本社で掃除機カテゴリーのグローバル・コマーシャル・ディレクターを務め、16年からは香港を拠点に、香港、台湾、韓国地域のマネージング・ディレクターを担当していた。アレックス新社長は今後、日本に加えて韓国のビジネス統括も担う。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら