ニュース

ダイソン日本法人の麻野社長が退任 後任は地域ディレクター

 ダイソン(Dyson)は6月1日付で、日本法人のトップである麻野信弘・社長の退任を発表した。後任にはアレックス・オデル(Alex O’dell)=マネージング・ディレクターが就く。

 麻野社長は2012年に就任し、14年にロボット掃除機の「ダイソン 360 アイ」、16年にヘアドライヤー「ダイソン スーパーソニック」を世界に先駆けて発表した他、15年には世界初の旗艦店を表参道にオープンするなど、日本でのブランド力強化に尽力した。

 新任のアレックス新社長は13年に入社。英国市場のセールス・ディレクターや英国本社で掃除機カテゴリーのグローバル・コマーシャル・ディレクターを務め、16年からは香港を拠点に、香港、台湾、韓国地域のマネージング・ディレクターを担当していた。アレックス新社長は今後、日本に加えて韓国のビジネス統括も担う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら