ファッション

「ダイソン」が28万円の照明を発売

 「ダイソン(DYSON)」は、アップルライトとダウンライトを一台に兼ね備え、自在に光の比率をコントロールできるサスペンド型ライト「キュービームデュオ(Cu-Beam Duo)」を発売した。価格は28万円。

 「キュービームデュオ」はカスタム設計したバブル光学レンズを採用することで、天井全体を広範囲に照らす。これによりホットスポットが消滅し、天井から吊り下げ距離も短くすむため、部屋全体を柔らかな間接照明で照らすことが可能になっている。吹き抜けやロビー、オフィスなどのオープンスペースにも最適。

 開発にあたり、照明カテゴリーを率いるジェイク・ダイソン(Jake Dyson)は、時間帯や過ごす場所で求められる光の違いに注目。例えば、プレゼンテーション中はスクリーンが焦点となるように、上方向への光を多く、下方向への光を少なくでき、会議中はより多くの光を下方向に照射して、テーブルでメモを取ったり話し合うのに最適な明るさを実現する。最適な視覚的条件をつくることで、無駄な光を減らすとともに目の疲れも軽減する。

 また、機能だけでなくスタイリッシュなデザインも注目を集め、プレス発表会では建築家やインテリアデザイナーからも好評を得ている。

 ジェイク・ダイソンは、ダイソンのチーフエンジニアであるジェームズ ダイソンの長男で、セント・マーチン美術大学(Central Saint Martins Collage of Art and Design)でインダストリアルデザインを学び、2004 年、ロンドン南西部に小規模のワークショップを設立。フライス盤と旋盤を置き、最初の製品であるモーターライト(MotorlightTM)を製作。その後、LEDテクノロジーに着目し、他2人のデザインエンジニアと共にチームを編成、LEDの主要な問題点を解決する技術開発に従事。ジェイク・ダイソンの事業は2015年にダイソンの傘下に入り、現在はダイソンの研究開発ディレクターを務めるとともに取締役も務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら