ニュース

ダイソンから初の美容家電、ヘアドライヤーが登場 加茂克也アーティストも絶賛

 大手家電メーカーのダイソン(DYSON)は4月27日、同社初の美容家電「ダイソン スーパーソニック」ヘアドライヤーの製品発表会を、世界に先駆けて日本で開催した。

 同製品の特徴は、高速かつ狙いを定めやすい風、過度の熱ダメージから髪を守る「インテリジェント・ヒートコントロール」、そして手に持ったときのバランスを考慮して設計されたデザインだ。ハンドルに小さなモーターを収めることで、軽量化を実現。ハンドルの中のモーターは、同社の扇風機と同じ技術を用いて、周りの空気を巻きこんで強い風を作り出している。また、毎分11万回回転するファンにより、超音波レベルの非常に静かな音を可能にした。

 来日したジェームズ・ダイソン=チーフエンジニアは、「日本人は高い技術力を好み、理解力があることから、最初のお披露目の場所として東京を選んだ。静かでありながら、パワフル。ダメージを与えずに、髪を守ってくれる。非常に静かな音なので、自宅でドライヤーを使いながら家族と会話だってできる」と製品をアピールした。

 会場には、加茂克也ヘアメイクアップ・アーティストが登壇。実際に製品を使ってモデルの髪をブローするデモンストレーションを行った。「普段使っているプロ用のヘアドライヤーと比べても風量がある。根元に風をあて、くせをとってからブローするといい。軽い上に、ヘアドライヤーと髪の距離が近いデザインもいい。熱を与え過ぎないので、水分が飛び過ぎないこともポイント」と魅力を語った。

 価格は4万5000円。4月28日に旗艦店であるダイソン 表参道店で先行発売し、5月11日から全国の量販店など200店舗で順次展開していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら