スナップ

「リモワ」が国内初の旗艦店で「アンブッシュ」とのコラボアイテムを披露 藤原ヒロシや村上隆が駆けつける

YOONは「リモワ」のグローバルキャンペーン“No One Builds a Legacy by Standing Still,(立ち止まったまま偉業を成す者はいない)”に起用されている

 1898年にドイツ・ケルンで創業し、2017年からLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下となった「リモワ(RIMOWA)」は、昨年12月にオープンした国内初の旗艦店でオープンを記念したレセプションパーティーを2月1日に開催した。

 パーティーには、アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=リモワ共同最高経営責任者(CEO)が駆けつけた他、藤原ヒロシや気鋭セレクトショップcherry fukuokaの石田武司クリエイティブ・ディレクターら多くのファッション業界人が来場。現代芸術家の村上隆も代表作「お花」のぬいぐるみがぎっしり詰まった「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー」と「リモワ」のコラボスーツケースを持参し、姿を見せた。

 また、パーティーではYOONとVERBALが手掛ける「アンブッシュ(AMBUSH)」とのコラボアイテムも披露。コラボしたのはスーツケース本体ではなく、ハンドル(1万4000円)とラゲージタグ(8000円)で、アルミニウム合金シリーズ“クラシック”専用だ。

 なおVERBALは、「アンブッシュ」2019-20年秋冬コレクションにラインアップされる「コンバース(CONVERSE)」とのコラボスニーカーを着用。話題のアイテムということもあり、周囲の目線を奪っていた。

 旗艦店の場所は、免税店大手ラオックスの「銀座本店」跡地(東京都中央区銀座7-9-17)で、営業時間は11〜20時。地上1〜2階の2フロア構成の店内は、延べ床面積が544平方メートルと広々とした空間で、“バスケット(かご)”と名付けられた展示スペースや、和紙で装飾したらせん階段など、日本の伝統文化からインスパイアされたデザインと近代的なデザインを融合した内装になっている。